【いただく】【頂く】【戴く】違いと使い分け/例文でわかりやすく解説

【いただく】【頂く】【戴く】の違いと使い分けは次の通りです。
みーちゃん
みーちゃん
いただく
相手に〜してもらう
頂く
物をもらう・飲む・食べるの謙譲語
戴く
(高い地位の人から)物をもらう



【いただく】【頂く】【戴く】違いと使い分け

【いただく】【頂く】【戴く】違いと使い分け

 
【いただく】【頂く】【戴く】は漢字・平仮名の表記によって意味や使い方が異なるので、使い分けに注意が必要です。
  
【頂く】は常用漢字ですが、【戴く】は常用外漢字なのであまり使われません。
 

いただく
(補助動詞の謙譲語)

相手に〜してもらう
相手に何かをしてもらう時やお願いする時に使用
(動詞+いただく)
頂く
(動詞の謙譲語)

物をもらう・飲む・食べるの謙譲語として使用
戴く
(高い地位の人から)物をもらう
相手により敬意を示す時に使用

 

文化庁の「公用文作成の考え方(建議)」

 
文化庁がこれからの時代にふさわしい公用文作成の手引としてまとめた「公用文作成の考え方(建議)」があります。
  
この中で、「〜していただく(頂く)」のように「常用漢字表に使える漢字があっても、動詞や形容詞などの補助的な用法は平仮名で書く」と書かれています。

みーちゃん
みーちゃん



平仮名の【いただく】/意味と使い方の例文

意味

 
平仮名の【いただく】は「相手に〜してもらう」という意味の補助動詞です。
  
相手に何かをしてもらう時やお願いする時に、「動詞+いただく」の形で使います。

【いただく】の意味
相手に〜してもらう
相手に何かをしてもらう時やお願いする時に使用

 

使い方の例文

 
【いただく】は次のように使われます。

【いただく】の使い方の例文
先輩にサポートしていただいた 応援していただく
多くの方にお越しいただいた 監督に指導していただいた
皆さんに協力していただいた じっくりと読ませていただく

  



漢字の【頂く】/意味と使い方の例文

意味

 
【頂く】は「物をもらう・飲む・食べる」の謙譲語として使われます。

【頂く】の意味
相手に〜してもらう
相手に何かをしてもらう時やお願いする時に使用

 

使い方の例文

 
【頂く】は次のように使われます。

【頂く】の使い方の例文
手料理を頂く アドバイスを頂く
お土産を頂く 新しい仕事の話を頂く
誕生日プレゼントを頂いた お酒を頂く



漢字の【戴く】/意味と使い方の例文

意味

 
【戴く】は「(高い地位の人から)物をもらう」の意味で、相手により敬意を示す時に使われます。

【戴く】の意味
(高い地位の人から)物をもらう
相手により敬意を示す時に使用

 

使い方の例文

 
【戴く】は次のように使われます。

【頂く】の使い方の例文
社長賞を戴いた 名誉教授の称号を戴いた

 

【いただく】【頂く】【戴く】違いと使い分けまとめ

ハルちゃん
ハルちゃん
最後にもう一度【いただく】【頂く】【戴く】の使い分けのポイントをまとめます!

【いただく】【頂く】【戴く】違い・使い分け

いただく
(補助動詞の謙譲語)

相手に〜してもらう
相手に何かをしてもらう時やお願いする時に使用
(動詞+いただく)
頂く
(動詞の謙譲語)

物をもらう・飲む・食べるの謙譲語として使用
戴く
(高い地位の人から)物をもらう
相手により敬意を示す時に使用

 
※「戴」は常用外漢字なので、ビジネスなど一般にはあまり使われません。




Follow me!

PAGE TOP