【十分】【充分】違いと使い分け/例文でわかりやすく解説

ハルちゃん
ハルちゃん
【十分】【充分】の使い分けは次のようになります。
❶どちらも正しい表記で同じ意味
❷標準的な表記は【十分】なので、迷ったら【十分】を使えば間違いない
10分間と混同されそうな時は【充分】を使うことが推奨される



【十分】【充分】違いと使い分け

【十分】【充分】違いと使い分け

 
【十分】【充分】はどちらも正しい表記で同じ意味です。
  
どちらも「満ち足りている・不足がない」という意味の言葉で、「表記ゆれ」の一種です。
  
【充分】は当て字で、標準的な表記は【十分】なので、迷ったら【十分】を使えば間違いないです。
  
ただし、「10分(じゅっぷん)」と混同されそうな時は【充分】を使うことが推奨されます。
  

「表記ゆれ」とは

 
「表記ゆれ」とは、同じ意味を表す言葉なのに、異なる表記が混在することです。
  
例えば、「引っ越し/引越/引越し」などです。
 

「文部科学省用字用語例」とは

 
「文部科学省用字用語例」とは、公文書を作成する上で参考にするため、問題となる用字用語の標準を示したものです。
  
「文部科学省用字用語例」では、「じゅうぶん」は【十分】と表記することになっています。
  
そのため、公用文では【十分】が使われます。
 

 
一方で、日本国憲法第37条では【充分】が使われています。
 



【十分】【充分】使い方の例文

【十分】使い方の例文

 
【十分】の使い方の例文は次のようになります。

例文1 ありがたいお話ですが、お気持ちだけで十分です。
例文2 車の交通量が多いので、事故には十分に気をつけて下さい。
例文3 本番は緊張したが、十分に力を発揮することができました。

 

【充分】使い方の例文

 
【充分】の使い方の例文は次のようになります。

ハルちゃん
ハルちゃん
集合時間までどのくらい時間がありますか?
まだ充分あります。
みーちゃん
みーちゃん
 
ここで【充分】を【十分】と表現すると「10分」と混同する可能性がある為、【充分】の使用が推奨されます。
 



【十分】【充分】違いと使い方まとめ

 
 
【十分】【充分】はどちらも正しい表記で同じ意味の言葉です。
  
【充分】は当て字で、標準的な表記は【十分】なので、迷ったら【十分】を使えば間違いないです。

❶どちらも正しい表記で同じ意味
❷標準的な表記は【十分】なので、迷ったら【十分】を使えば間違いない
10分間と混同されそうな時は【充分】を使うことが推奨される




Follow me!

PAGE TOP