【超える】【越える】違いと使い分け/例文でわかりやすく解説

ハルちゃん
ハルちゃん
【超える】【越える】は「こえる対象」によって使い分けが必要です。
超える 一定の基準・数量・限度などを 上回るとき 5mを超える壁を登った
越える  場所・時間・境界などを 通過するとき いくつもの壁を乗り越えて成功を掴んだ



【超える】【越える】違いと使い分け

 
【超える】【越える】は「こえる対象」によって使い分けが必要です。

超える 一定の基準・数量・限度などを 上回るとき 5mを超える壁を登った
越える  場所・時間・境界などを 通過するとき いくつもの壁を乗り越えて成功を掴んだ

 
【超える】は、基準・数量・限度などを上回るときに使います。
  
【越える】は、場所・時間・境界などを通過するときに使います。
 
また、【超える】【越える】両方のニュアンスを込めたい場合や迷う場合は、平仮名の「こえる」を使う場合もあります。
 



【超える】使い方の例文

 
【超える】の使い方の例文は次のようになります。

例文1 貯金が100万円を超えた
例文2 花火大会に100万人を超える観客が集った
例文3 気温が35度を超えた

【越える】使い方の例文

 
【越える】の使い方の例文は次のようになります。

例文1 成功している人はたくさんの失敗を乗り越えてきている
例文2 野球ボールがフェンスを越えてきた
例文3 今年も無事に年を越すことができた



【超える】【越える】違いと使い分けまとめ

 
 
【超える】【越える】は「こえる対象」によって使い分けが必要です。

超える 一定の基準・数量・限度などを 上回るとき 5mを超える壁を登った
越える  場所・時間・境界などを 通過するとき いくつもの壁を乗り越えて成功を掴んだ

 
【超える】は、基準・数量・限度などを上回るときに使います。
  
【越える】は、場所・時間・境界などを通過するときに使います。
 
また、【超える】【越える】両方のニュアンスを込めたい場合や迷う場合は、平仮名の「こえる」を使う場合もあります。




Follow me!

PAGE TOP