【制作】【製作】違いと使い分け/例文でわかりやすく解説

【制作】【製作】は「作るものが何か」によって使い分けが必要です。
みーちゃん
みーちゃん
制作 一点物の芸術作品を作ること 美術品・音楽・映画
製作 道具や機械などを使って大量生産で品物を作ること 工業製品・家具・本
【製作の例外】 一点物の芸術作品を作るのに製作】を使う2つの例外
芸術作品が商品化され大量に作る場合は【製作】
芸術作品を作るための資金調達やプロデュースは【製作】



 

【制作】【製作】違いと使い分け

 
【制作】【製作】は、「作るものが何か」によって使い分けが必要です。
  
映画や音楽のような一点物の芸術作品を作る場合は【制作】を使います。
  
工業製品や家具など、道具や機械などを使って大量生産で品物を作る場合は【製作】を使います。
 

制作 一点物の芸術作品を作ること 美術品・音楽・映画
製作 道具や機械などを使って大量生産で品物を作ること 工業製品・家具・本



【製作の例外】一点物の芸術作品を作るのに【製作】を使う2つの例外

 
映画や音楽のような一点物の芸術作品を作る場合でも【製作】を使う場合があります。
  
芸術作品が商品化されて大量生産される場合、芸術作品を作るための資金調達は【製作】が使われます。

【製作の例外】 一点物の芸術作品を作るのに製作】を使う2つの例外
芸術作品が商品化され大量に作る場合は【製作】
芸術作品を作るための資金調達やプロデュースは【製作】



【制作】の使い方の例文

 
【制作】の使い方の例文は次のようになります。

例文1 この洋服の制作に3日間かかった。
例文2 映画の制作会社に就職した。
例文3 肖像画を制作してもらった。

 



【製作】の使い方の例文

 
【製作】の使い方の例文は次のようになります。

例文1 自費出版で本を製作した。
例文2 車の部品を製作する工場で働いている。
例文3 精密機器を製作する。

 

【制作】【製作】違いと使い方まとめ

 
【制作】【製作】は、「作るものが何か」によって使い分けが必要です。
  
映画や音楽のような一点物の芸術作品を作る場合は【制作】を使います。
  
工業製品や家具など、道具や機械などを使って大量生産で品物を作る場合は【製作】を使います。

制作 一点物の芸術作品を作ること 美術品・音楽・映画
製作 道具や機械などを使って大量生産で品物を作ること 工業製品・家具・本

 
映画や音楽のような一点物の芸術作品を作る場合でも【製作】を使う場合があります。
  
芸術作品が商品化されて大量生産される場合、芸術作品を作るための資金調達は【製作】が使われます。

【製作の例外】一点物の芸術作品を作るのに製作】を使う2つの例外
芸術作品が商品化され大量に作る場合は【製作】
芸術作品を作るための資金調達やプロデュースは【製作】




Follow me!

PAGE TOP