【対応】【応対】違いと使い分け/例文でわかりやすく解説

【対応】【応対】の違いは、使える対象が人のみか、物事や状況にも使えるかです。
みーちゃん
みーちゃん
❶【対応】は 人・状況・物事に使用 エアコンが壊れ修理 対応となった
【応対】は 人にのみ使用 急な来客に 応対した
❸  迷ったら【対応】を使えば良い 急な来客に 対応した 



【対応】【応対】違いと使い分け

【対応】【応対】違いと使い分け

【対応】【応対】の違いは、使える対象が人のみか、物事や状況にも使えるかです。
 

❶【対応】は 人・状況・物事に使用 エアコンが壊れ修理 対応となった
【応対】は 人にのみ使用 急な来客に 応対した
❸  迷ったら【対応】を使えば良い 急な来客に 対応した 

 
【対応】は「状況や相手の出方に応じた、その場に適した行動をする」という意味なので「人・状況・物事」に使用できます。
  
【応対】は「相手になって受け答えをする」という意味なので「人にのみ」使用できます。
  

【対応】【応対】の意味

 
【対応】【応対】の意味は次のようになります。

【対応】【応対】の意味
対応 状況や相手の出方に応じた、その場に適した行動をすること
応対 相手になって受け答えをすること


【対応】の使い方の例文

 
【対応】の使い方の例文は次のようになります。

例文1 お客様からのクレームには丁寧に対応する必要がある
例文2 エアコンが壊れ修理対応となった
例文3 初期対応が遅いと状況が更に悪くなってしまう



【応対】の使い方の例文

 
【応対】の使い方の例文は次のようになります。

例文1 彼女の電話応対は素晴らしい
例文2 来訪されたお客様には笑顔で応対することが大切だ
例文3 〇〇社の受付の方の応対はいつも感じが良い



【対応】【応対】の類語・言い換え表現

【対応】3つの類語・言い換え表現

 
【対応】の類語・言い換え表現は次のようになります。

【対応】類語・言い換え表現
対策 相手の態度や事件の状況に対応するための方法・手段
対処 ある事柄・状況に合わせて適当な処置をとること
処置 その場や状況に応じた判断をし手だてを講じて、物事に始末をつけること

 

【応対】2つの類語・言い換え表現

 
【応対】の類語・言い換え表現は次のようになります。

【応対】類語・言い換え表現
接客 客をもてなすこと
応接 訪れた人を招き入れて、その相手をすること

 

【対応】【応対】違いと使い分けまとめ

 
【対応】【応対】の違いは、使える対象が人のみか、物事や状況にも使えるかです。
 

❶【対応】は 人・状況・物事に使用 エアコンが壊れ修理 対応となった
【応対】は 人にのみ使用 急な来客に 応対した
❸  迷ったら【対応】を使えば良い 急な来客に 対応した 

 
【対応】は「状況や相手の出方に応じた、その場に適した行動をする」という意味なので「人・状況・物事」に使用できます。
  
【応対】は「相手になって受け答えをする」という意味なので「人にのみ」使用できます。
  




Follow me!

PAGE TOP